旅行

プーケットのお土産

プーケットネタをもう少し・・・。



まずセントラルフェスティバルS.C.の”ジムトンプソン”で買った

クッションカバー↓(B1200)

1389580302603.jpg

子供用Tシャツ(約B700)とポーチ(約500B)↓

1389580308198.jpg



ジャンクセイロンS.C.の”ザッツ・サイアム”のお店で買った石鹸。

マンゴーの石鹸が本当にマンゴー!という香りでとてもオススメ!

確か5個でB500で2個おまけしてもらいました。Made in THAILAND。

1389580313294.jpg




↓は空港で買ったモノ。

タイのスパブランド”HARNN”のハンドクリーム↓

1箱3個入りB1150だったかな?

1389580317615.jpg 1389580321958.jpg

こちらも空港のお土産屋さんで↓

ゾウさん確か約B500 ポーチ約B600、B700くらい。

タイシルクで出来ているそうです。

1389580326836.jpg

あとは、スノードームをぼちぼちと。

1個づつ載せて行きます~♪

プーケット旅行・最終日

最終日は12時チェックアウトで、ロビーに集合だったので、

朝はゆっくり~。

部屋から見える景色には大型客船が↓

2013123101

沖合いで停泊して、小型船でプーケットに上陸・・・?↓

2013123102

ディズニークルーズなら乗ってみたいかなぁ・・・。

ワタシ以外は朝食後、ホテルのプールで遊ぶも、またも涼しくて

水に浸かると激寒かったらしい。。。


帰りの送迎は、ワゴン車ではなく、観光バスのような大型バスでした。

ロビーで車に荷物を乗せるのでと何故か部屋番号を聞かれ、

その番号が書かれた札を荷物に付けているから

そのまま間違えて部屋に逆戻りさせないでしょうね?などと

気が気ではなくて、ちゃんと車に乗せるまでずっと監視してしまった。

(その日到着した方などもロビーにごった返していたので。

帰るよ!とその荷物係りに伝えると、OK!OK!分かってる!と

言うんだけど、信用ならんかった。。。)

帰る方は、その方式に不信感を募らせていたようで、

ワタシと同じような行動をしていました。あはは。





空港でチェックインするまで地元ガイドさんが付き添ってくれて、

最後まで見送ってくださいました。

親切で明るくて楽しくて、本当にいい方でとても助かりました!




空港は思ったよりは大きかったけど、やっぱりこんじまり。

出国審査前にジムトンプソンのお店とお土産品屋さんがあって、

中に入るとジムトンプソンはなかったので、見てくれば良かった~!

と後悔。。。

でもタイのスパブランド”Harnn(ハーン)”はあったので、

余ったお金でお買い物♪

今回ワタシはスノードームとジムトンプソン、ハーンを買えれば

いいや、と思っていたので、最後の空港で済んだな、と。

でも空港のジムトンプソンは店舗が小さかった感じだったかな。


帰りの飛行機も慌しかったけど、行き帰り共に

機内食はまあまあ美味しい方だと思いました。

帰りはこどもにはおもちゃを配ってくれました。

(シルクエアーの飛行機の形をしたマグネットお絵かきボード)



3泊4日、行って見て分かるイロイロなことがありました。

ガイドブックに書いてあったあれは、あぁそういう意味だったのか、なんて。

でも今度またプーケットへ行くならば、ちょっと奮発して

いいホテルに泊まり、移動があまりない方がウチの場合は

いいな、と思いました。

今回優雅さゼロだったので、もう少しそういうのが欲しいな、と

そんな旅でした。

 

プーケット旅行・3日目

3日目は、初日にJTB地元ガイドさんに申し込みしておいた

オプショナルツアー”コーラル島一日観光”に参加。

(B1900/大人 B1200/子供)

早起きして朝食を済ませ、8時にロビー集合。

ワタシたちの他にあと2組の家族と今回は普通のワゴン車で

船着場まで約50分。初日に出口で待っていてくださった

ツアーガイドさん同行で、着くまでコーラル島での過ごし方などを

説明してもらう。




コーラル島へは船着場からジェットボートで約15分。

大人は大丈夫でしたが、スピードが出るとボートが

波に煽られジャンプするのでその衝撃が少し怖い・・・。

ムスコも固まっていましたが、同じ歳くらいの女の子は

泣いちゃって大変そうでした~。


苦労の末、着いた先はパラダイス~!!↓

2013123001

海の色はご覧の通りのエメラルドグリーン、砂浜も真っ白でさらさら~!

水もそんなに冷たくなくて、さあ!今日こそは海を満喫するぞ!

と意気込んで入るも・・・・・・・!?

この日は風が強く、雲もどんどん広がってきて

そのうち太陽を隠してしまい、さ、寒い~!!

ビーチのチェアー(これまたボロ)でお日様が照ってくれるのを

待つも、天気は悪くなる一方なので、そのうち濡れた水着を

着ているのも寒くて辛くなって仕方なく着替えてしまいました。



寒がりのワタシはこんな感じでしたが、着いてすぐに

シーウォーカーやバナナボート、シュノーケル、ダイビング等の

マリンスポーツの申し込みをお手伝いしてくださる日本の方がいて、

興味のある方は申し込み、

皆さんそれぞれにそういうアクティビティーを楽しんで

いらっしゃるようでした。

(でも寒かったのでチェアーで昼寝、という方が大半・・・だったような。

ガイドさんがこんな涼しいのはあまりない、と言っていた。ガックシ)

風が強く波が高かったので、海にはあまり入らなかったけど

砂浜がとてもキレイだったので、ムスコたちは砂遊びを

存分に楽しんで、ビーチの隅にある岩をどけるといるヤドカリ↓を

見つけたりして大はしゃぎ。

2013123002

昼食込みツアーで、お昼は3人では食べきれないくらいの

タイシーフード(これまた結構美味しかった)を頂き、

14時過ぎには帰り支度。

ムスコはもうボートは嫌だ~嫌だ~と大泣きしてガイドさんも

手こずらせ、なんとかなだめて乗せ、なんだかグッタリ。

ガックリ、グッタリしてばかりの今回の旅ですが、

コーラル島は本当にオススメ!!

天気が良かったら最高に楽しかったと思います。




夜はパトン中心部にある”ジャンクセイロン”というS.C.でお土産探し。

(ホテルからタクシーはB200。

中心部と伝えたのに道路が混んでいたので

多分、適当な場所に降ろされた???)

地下1Fにタイの民芸品や雑貨店が集まっている

”ザッツ・サイアム”というところに行くも、

なんか人があんまりいなくて賑わっていなかった。

またもやお腹空いただの何だのムスコに騒がれ、

値切り交渉も中途半端にササッとスノードームや石鹸などを

買い終了。いつも思うことだけど、もっとじっくりゆっくり

お店を見たかった~、、、




その後、フラフラ歩いて夕食に良さそうなレストランを

探したけれど、あまりどこもピンと来るものがなく、

結局空いていて涼しそうなイタリアンレストランへ

入ってしまいました。


帰りはトゥクトゥクタクシー(B200)でホテルまで。

これぞトゥクトゥク!というのに乗ったのは

これが初めてだったので結構面白かった♪



3日目も最高に楽しー!感はあまりなく、結局不毛に

終わった気が。。。

最終日に続きます。

プーケット旅行・2日目

2日目は”パラダイスビーチ”というところへ行きました。



ホテルから無料シャトルバスが出ていて(前日に申し込み必要)

それが11時出発だったので、のんびり仕度をして、ロビーに集合。

もしかして・・・という予感はしていましたが、シャトルバスと

呼ばれているソレは、これ~!?という感じ。。。

軽トラに屋根を付けたような車で、その荷台に乗っけられ・・・

♪ドナドナド~ナド~ナ売られてゆくよ~♪状態。

更にワタシたちの他にあと一組の家族を乗せ、出発したはいいが、

途中で何故かホテルに戻ってる・・・。

皆、あれ?ここって???道が一通だから?こういうルート???

と困惑。結果、オジサン二人組みを乗せ忘れた模様。

おいおい、と思いつつ再出発。

快適とは言えない状況で荷台に揺られる事、約20分くらい?

パラダイスビーチへ着きました。

プーケットの観光客は殆どが欧米人、日本人は最近少なくて

アジア人では韓国人が多いらしい。

それをモロ反映している感じで、周りは殆ど欧米人。

今日はワタシも海に入るぞ~!と思っていたので、

携帯もカメラも持たず(なので写真ナシ)でしたが、

(ガイドさんに盗難に合うなど言われていたので)

周りの欧米人はそんなの気にしてない様子でカメラくらい

持ってくれば良かったー!とガックリ。

ここはそんなに危なくもないのかな。

折角水着で来たのに(と言っても帽子にラッシュガードで

現代版あまちゃんのような完全防備)水が冷たくて(綺麗だったけど)

ワタシは断念。いつものように待機組みとなったのでした。



ランチはそのビーチの海の家のようなところで食べましたが、

辛さを控えてもらったトムヤンクンがすごく美味しかった~♪

プーケットでは豪華な食事はしませんでしたが、

なんでもないような料理がすごく美味しかった!

16時までまったりのんびり過ごし、帰りはまたドナドナ。

オジサンたち消えてるし・・・。



そして夕方”ジムトンプソン”のお店を目当てに、

”セントラルフェスティバル”というS.C.へ行ったのですが↓

途中の道でバスと歩行者の死亡事故があったようで大渋滞!

行きかう車、バイクで揉め事は起きるし若干ハラハラ、、、

1389142599924.jpg

20分あれば着く場所だったのに、1時間以上かかりやっと着きました。

意外や意外、プーケットにもこういうS.C.はいくつかあるようで

店舗はシンガポールとあまり変わらなかった気がします。

で、お目当てのジムトンプソンでお買い物し、

(ジムトンプソンはアウトレットが2箇所あるんだけど

どちらも不便なところにあり、時間がなくて断念。。。)

夕ご飯はムスコがどーしても!と騒いで結局KFC・・・涙


行きのタクシーはB700(快適なタクシーだった。渋滞だったので

運転手さん的には損!?)でしたが、帰りはS.C.前の

タクシースタンドを仕切っているようなお兄ちゃんに頼んだら

B500でいいと・・・はて!?と思っていたら、

どうやら運転手が行き先を勘違いしていたらしく、

違うホテルに到着してしまった。

慌ててここじゃない~!と説明しなおして無事送り届けて

もらったけど、B500しか払わないワタシたちに運転手は不満げでした。

自分が間違えたんだろー!と思ったので、まあいいやと。


そんなこんなでぐったり疲れて明日は朝早いので、

早く寝なきゃだったのに部屋の照明のトラブルで、

夜中の2時近くまで寝られない状況に陥り・・・。

もう勘弁してよ~という2日目でした。

1389142607242.jpg

噂には聞いてたけど、

このお方、本当に手を合わせておられました~↑

 

プーケット旅行・1日目

はあ、やっと普通の日が戻ってきましたよ。

ぼちぼち旅行記でも綴ろうと思います~。

年末の28日から3泊4日でタイ・プーケットに行って来ました。

タイは初めてでしたが、JTBのツアーだったので

なんとかなるか~なんて事前の下調べもあまりしなかったのが

原因か、結構要領がつかめぬまま終わったなあという感じ。

まず、シンガポールからプーケットへは直行便の飛行機(シルクエアー)で

約2時間。朝の8:45発だったので、2時間くらい前に

チェックインを済ませ、余裕~♪と買い物やお茶を楽しんでいて

そろそろ時間だから、と出発ゲートへ出向いたら

全く違う方向のゲートに変更と告げられ、駆け足でゲートへ

向かう羽目に。。。これはシンガポールあるあるなのか、

などと出発前から波乱の予感。

(しかも飛行機に乗り込むまでバスだしー!ぶーぶー)



飛行機内では、乗ってすぐに食事サービスでしたが、

少し揺れたりしたので、中断されたりなんやかんやで、

結局食事の途中で、着陸態勢に入るので早く済ませてください

なんて機長からのアナウンスがあったりして忙しなかった。

それくらい早く着いてくれる方が子連れは有難かったり

するのですが~。(すぐに飽きて暴れだす約1名のケアが大変)

プーケット空港に着いて出口を出ると、日本語が出来る

地元のガイドさんが待っていてくれて、4組くらいだったかな?

同じツアーを申し込まれた方々と一緒にワゴン車で

ホテルまで送迎(約50分くらい)。

その間に、旅行中の注意事項やその他の基礎知識などを

教えてくれましたが、流れる車窓はここって熱海か伊東!?

みたいな景色。


宿泊先は、ダイヤモンド・クリフ・リゾート↓

タイの人々に敬愛されている国王と王室の写真が

いたる所に飾られていて、ホテルの入り口にも、もれなく↓

2013122801

このホテルは日本人御用達で、日本人従業員がいるので

その方がまとめてチェックインなどの手配をしてくださって、

ロビーのカフェでウェルカムドリンクのサービスを受けながら

ホテルの説明などをしてもらう。

(ドリンクはグアバジュース。何故か緑色でピンクのグアバジュースは

着色してるのかしら?などと余計な事を思うワタシ)



部屋から見た景色↓部屋に着いたのが11:30くらい(時差があるので)。

2013122802

このホテルはパトンビーチエリアで、ビーチには歩いて5分くらいで

行けるので、早速ビーチに繰り出す↓が、

2013122803

ホテル前の道路の交通量が凄く、しかも坂道のカーブという

立地だったので、スピード出したバイクや車がひっきりなし!

ぼけ~と待っていては一向に渡るタイミングなどないので

ホテルの警備員さんが笛を鳴らして横断を促してくれるのですが

一車線を渡り真ん中で止まり、反対車線を止め渡る、というような

(分かります???)荒業なので、それにまず度肝を抜かれ。。。




パトンビーチでパラソルとチェアーを借りるも(相場は200バーツ)。

なんでもまず値段交渉なので、何となく優雅な気分には浸れず・・・

(パラソルが昭和な日本のビーチみたいな柄だしボロい。。。)

しかもコンビニに飲み物を買いに行ったら、お釣りをいるの???

という対応。。。

この募金箱に入れて~なんてレジ前にある箱に促されるも

了承していたら多分ネコババ(チップ!?)するんだろうな、

という具合。

なんか人が信じられない気分~、、、



そして暫くしてお腹が空いてきたので、ビーチ沿いにある

カフェでランチしてホテルに戻り、プールでまたひと遊び↓

2013122804

ワタシはプールには入らないので、椅子に寝転んで

まったりウトウトしていたら、ムスコにBOO~!と大声で

叩き起こされ、更に10cmくらいの大きさのムカデに遭遇して

背筋が凍り。。。

なんかシンガポールの治安の良さや清潔さが

有難いんだなぁ、なんて身にしみて思ってしまったり、

普段ぬるま湯に浸かっているワタシはカルチャーショックが

大きい一日目となったのでした。

八ヶ岳の旅 最終日

八ヶ岳最後の日は、リゾナーレのショップでお買い物したり、

朝はゆったり目に過ごし、ドライブをしながら帰路に着きました。


まずは、清里 清泉寮に寄り↓

景色を見ながらソフトクリームを食し、


それから、車で暫く走って道の駅”南きよさと”で

清里カレーランチ↓

実はカレーはあまり好きではないのですが、

こういうところのカレーは結構好き!

美味しかった~♪ぺろり

鯉のエサが売っていたので、いるの!?と池を覗き込んだら

大量の鯉に仰天!↓

鯉がエサを奪い合う光景に面白くなってしまい

結局4袋も買って、お店のおばちゃんに

”沢山ありがとうございます~

エサあげなくて済むわ~”と言われ苦笑い。


その後向かった”ハイジの村”↓

まずはハイジのテーマ館というところでハイジのイロイロを見て

子供の頃を懐かしむ・・・

オープニング曲の有名なあの場面が再現されていたのですが、

いくら撮ってもブレるハイジ↓(おんじに見守られている)

それからここ↓の遊具で遊びましたが、とにかく暑くて・・・

でも・・・平日の夕方だったからか、ワタシたち以外のお客さんの

姿はなく、お客よりも整備するおじちゃんおばちゃんたちの方が

多いんじゃないの!?という空き具合。

真夏だったからなのでしょう~か~???

暑いけど、穴場スポットです。


暑い暑い~とハイジ村を後に、談合坂SAでご飯を食べて

帰りましたとさ。

ほうとうカルボナーラが美味しかった!


以上 八ヶ岳の旅でした(*゚▽゚)ノ

八ヶ岳の旅 二日目

二日目は車で近隣を観光しました。

まずは柳生博氏が運営する”八ヶ岳倶楽部”へ↓

建物も素敵だし、売っている雑貨たちも素敵なものばかり。

レストランもあったので、入ってみれば良かったなぁ・・・と

後から思ったりして。


その後、少しドライブして、”まきば公園”へ↓

すごく広くて、とても歩く気にはなれず、放し飼いになっていた

ヤギやヒツジと少し触れ合っただけ~。

まきば公園を後にして、八ヶ岳アウトレットを少し覗き、

リゾナーレに戻ってまたプール遊び。


この日の夕食はハーブ鶏のなんちゃら↓

お行儀よく並んでいる野菜たちが可愛かった!

二日連続プールに付き合い・・・(@Д@;


最終日に続きます~。


八ヶ岳の旅 一日目

今年の夏の旅行は八ヶ岳。

宿泊先は”星野リゾート リゾナーレ”でした。

事情があってかなり豪華なお部屋に↓(≧m≦)


広々のリビングから螺旋階段を登るとベッドルームがあって↓

ちびっこ二人とでは勿体なかった~!

ベッドムールから見えた景色↓(ちょっと窓の汚れが(゚ー゚))


ホテル内にプールがあったので、早速ジャボン↓

1時間に15分くらい波が出る時間があって、

それを目当てに2回程、波を楽しみました~(o^-^o)



夕食のレストラン↓

前菜はビュッフェ形式で取り放題↓

メインは何種類かある中からワタシは富士桜ポークの

何とか(覚えていない・・・)にしましたが、柔らかくて美味しかった!


八ヶ岳は日中は結構暑かったけど、朝晩はとても涼しくて

過ごしやすかったです。

二日目へ続きます~(*゚▽゚)ノ

箱根旅行・最終日

最終日はちょっと寄ってもいいかなぁ~と”箱根ガラスの森”へヽ(´▽`)/



チビを家族に託し、しばしの間、一人で鑑賞。

ヴェネチアン・グラス美術館、現代ガラス美術館、ミュージアムショップと

少し駆け足で見て回りましたが、やっぱりモノを生み出すアーティストってスゴイ!

自分で何かを生み出す事の出来る人を羨ましく思いました~。

はぁ~~~、、、出るのはため息ばかり。

156

カフェでサービスのコーヒーを頂いて、庭園を眺め、ちょっと優雅な気分。


次は”箱根湿地花園”↓

157

面白い看板を見つけ、パチリ。

無造作に生えている草も貴重なものだったりするので・・・

特にちびっこは注意が必要です。



この日も暑かったので、湿地を小一時間も歩いたらクタクタ~。


まだまだ時間があったので、山中湖と河口湖を回って帰路に着きました。

子供が楽しめるようなスポットがあまりない箱根は、

ちょっとシブかったかも。。。


箱根に行った割には温泉をあんまり堪能できなかったので、

今度はいい宿に泊ってまったりしたいなぁ~。

オチビスケがもう少しいろんな事が分かるようになったら

またまったり箱根旅、リベンジしたい!!

箱根旅行・二日目

二日目は”箱根彫刻の森 美術館”へヽ(´▽`)/

行く前に箱根で子供が遊べる場所は~とネットでちょっとリサーチしたのですが、

彫刻の森がいいというか、それくらいしかない(後はユネッサン)という感じで、

実はあまり期待してなかったのですが・・・

これが、かなり遊べてチビスケ大喜び!!

まず、小さい子が作品と遊べるように作ってある”ごろごろコロン(アートホール)”へ。

結構広いスペース(室内)なんですが、私たちが入った時は、私たち以外に

もうひと家族しかいなくて、ほぼ貸切状態の遊び放題。

一緒にいた子とすっかり意気投合し、仲良く遊んでもらい楽しそうでした♪



次に向かったのが”しゃぼん玉のお城”↓

153

ワタシが小さい頃、確かポンキッキだったと思うんだけど、この遊具で

遊んでいる子供が映っていて、憧れたような記憶が・・・。

中が迷路のようになっていて、探検気分。

でもこの日はかなり暑い日だったので、中も相当暑かったようで、

ちょっと遊んで次へ移動となりました。

お次は、”ネットの森”↓

154

下の方に穴が開いていて、子供がそこから入り、ネットの中で遊べるのですが、

外から中の様子が全く分からず、どんな風に遊んでいるのか???

チビスケはもうある程度放っておけるのでいいのですが、

小さい子は注意が必要かもしれません。

でもここもとても楽しかったようで、かなりの時間遊んでいました。

その後、”星の庭”という迷路なようなところで遊んだり、大きい目玉焼きが

ある場所で遊んだり(ここから箱根登山鉄道が走っているのが見られるので

子鉄ちゃんにいいかも)、池で鯉に餌をやったり・・・。

10時に入ったのですが、お昼過ぎまでたっぷり遊べて、

こんなに長時間楽しめるなんて!とビックリ。

嬉しい誤算でしたヨ。

さすがのチビスケも汗だくになって結構疲れた風だったので、

ランチを入口近くのレストランで頂いて、宿へと向かいました~。

そして暫く休んで、ケーブルカーに乗りに↓

155

ここでもビビリな彼は戸惑っている感じでしたが、

それなりに楽しんでいた様子。

ただ夕方だったので、早雲山まで行ったは良かったのですが、

もう店が全部閉店で、見るもの何もないよーと運転手さんに言われ、

乗ってきた電車にそのまま折り返して乗って帰ったという。。。

ここでも計画性のなさが・・・。

ま、これを次回に踏まえたいと思います。

って、次回は忘れている気がしますケドも。

まだ続きます~

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ