natural stone

トルコ石のブレス

先日、吉祥寺で手に入れた天然石で作ったブレスです↓

Photo_5

一番大きくてキラキラしている石はクラッククォーツ、

両隣のは名前が分からないウッドパーツ、

その隣の乳白色のがホワイトジェイドで、

ブルーの石が練りトルコです。

今回、石を選ぶ時に随分迷って閃きがなかったのだけど、

こうして作ってみたらなかなかのお気に入りに(o^-^o)

のほほさんが作ったものは、

ワタシとは全く違ったブレスになっていて

石のカタチもいろいろで、色で遊んでいる!という感じが。

写真撮らせてもらえば良かった~、、、

選んだ石も違いましたが、作り手が違うとこうも変わるんだな~と

刺激的で面白かった~o(*^▽^*)o

また是非一緒に作りましょう~のほほさん!

Aquamarineのブレス

アクアマリンで作ってみたものです↓

1

売られてあった状態から石を全てほどき、自分で色のバランスを考えて

並べなおしてみました。 (o^-^o)

ピンク色のはピンクアクアマリン=モルガナイトらしいです???


2

優しい色合いが、何とも言えません~。

アクアマリンは海の石と言われているそうで、海とのかかわりが深く、

昔から船乗りたちのお守りとされてきたようです。

その他、”天使の石”や”夜の女王”なんていう別名もあるらしく、

幸せな結婚を象徴する石、人生の暗闇に陥った時、希望の光をもたらす石、

などと言われているそう。

石の優しい手触り、きらきらの自然な色、作っている時に何故か顔がほころぶ。

これを”癒し”というのかなーなんて思ってしまいました。

よいシュミになりそう~。

また石・・・

また”BEADS.ETC”へ行きました。

今回選んで来た石たちは3種類。↓

上のは”アクアマリン”、左のオレンジのが”カーネリアン”、

右のが”ボツワナ・アゲート”です。

アクアマリンのは、前回いいなぁと思ったけど買わず、

でもそれからずーっと頭に残っていたので、迷わず。


それ以外では、先日作ったアマゾナイトに合うものにしようと

思っていたにもかかわらず、実際惹かれた色は全く想像して

いなかった色・・・でした。



石選び、面白いです!

AMAZONITEのブレス

早速作ってみましたヽ(´▽`)/

アマゾナイトというナチュラルストーンのブレス↓

Amazonite1

青と緑の中間のようなブルーグリーンに、

黒や白が混ざっていたので、1つの種類だけでも

いいかなぁ~と思っていたけど、ちょっと地味かな。




もう1つは、同じ石に、葉っぱのガラスビーズ(っていうのかな?)を

使ってちょっとアレンジ↓


Amazonite2

なんか子どものオモチャっぽくなってしまった・・・(゚▽゚*)


Amazonite3

このアマゾナイトという石は、アマゾン川が名前の由来となっていて、

日本では”天河石(てんがせき)”と呼ばれ、

体と心のバランスを崩すような滞りを取り除いてくれるそう(o^-^o)

ワタシが持っている本に載っていたこの石の写真には全く惹かれなかったけど、

お店でこの石のこの色を見て、すぐにこれがいい~と思いました。

その時の深層心理で求める色が違ったりするようなので、

選ぶ面白さあり、自分で作ってみる楽しさもあり、

これはまはるかも!!

スノードームに続く、地味な趣味にしたいと思います(*^-^)

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ